スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年恒例の北関東旅行に行ってきました。

毎年、この時期に茨城を中心とした北関東に旧友と一泊の旅行に行っています。あたしがとあるお寺に用事があるので、そのついでなんですが、茨城方面になっちゃうのです。昨年・一昨年は常陸太田の山田屋さん(ここも安いのにとっても良いお宿)と続いたので、今年は北茨城の鹿の湯松屋というお宿にしてみました。



日立からしばらく海沿いに北上。穏やかな凪。寒いけどキラキラ輝いてとても綺麗です。北茨城に入ったら向きを変えて山方向へ。わずか30分も走らないうちに海から山奥の風景に変わります。今日のお宿「鹿の湯松屋」さんに到着。山の中の一件宿。鉄分の濃い錆色の温泉とお魚料理が売りのお宿だそうです。



お部屋は時代を感じる純和風。決して派手ではありませんが、縁側や組子細工の障子など古き良き日本の風情たっぷりです。食事も全てこのお部屋でゆっくり頂きます。



まずは自慢の温泉にゆっくり浸かって。見事に鉄錆色のお湯はなかなか気持ち良いです。さすがに写真はありませんが。そのあとはお待ちかねの夕食。舟盛りには鯛、鯵、烏賊など。この他に美味かったのはキンキの焼き物。程よく脂の乗ったキンキ。しゃぶるように食い尽くしました。もちろんお酒もたくさん頂いて満足!



翌朝、朝御飯をたっぷり頂いて出発。当てのある旅ではありませんが、時間もたっぷりあるのでさらに北に進みます。さすがに山道には雪も残っていたりして旅行気分も盛り上がります。



東北の玄関口の白河まで来てお昼に白河そば。割子で八段というゴージャスなお蕎麦を頂いて。お蕎麦一段ごとに違った薬味が付きます。海老天、いくらおろし、山菜、蓴菜、納豆、きのこ、海苔、あとなんだったっけかな。一段毎に味が変わるので飽きることなくぺろっといただけるお蕎麦。



途中の道の駅で買った巻き寿司。東京じゃこんなの見たことありません。タグにはただ「巻寿司」としか書いてありませんでしたが、正式には何と呼ぶのだろうか?写真ではスケール感が感じられませんが、干瓢の太巻きを芯にして、その周りに桜でんぶとさらなる干瓢、大量のすし飯。外側を薄く焼いた伊達巻のような玉子できっちり巻いてあるもの。直径は12cmくらいありますよ。お店で地元のご婦人が「これ、美味しいのよ~」と盛んに仰っていたので、買って来ましたです。これを二つ食ったら、他には何も入りませんねぇ。



今年も旧友と親交を温めて、なかなか良い旅になりました。それじゃ、まだまだ寒いですが、皆さんもお身体に気を付けて。


にほんブログ村  
↑↑↑↑↑↑↑
こちらをクリックして頂けると、ランキングに参加していただけます。お暇ならぜひお願い申し上げます。強敵ぞろいで一進一退です

 

スポンサーサイト

今晩のお風呂 「ドーミーイン浅草 超軟水展望大浴場あさひ湯」

昨年来て、気に入って今年もリピートで来た「ドーミーイン浅草」10階にある大浴場は「超軟水展望大浴場あさひ湯」って言う名前なんだって。すごい名前だね。実際にはそんなに大きくなくて屋上展望風呂ってな感じだけど。

0101 020

展望はすごく良いよ。目の前に隅田川とアサヒビールのウンコビル、首都高速、建築中のスカイツリーもほとんど目の前。今は夜だから夜景が綺麗。

0101 021

露天風呂はこんな感じ。あとは内風呂とサウナ、水風呂がある。他のお客さんがいたので、流石に写真は撮れなかったけど。

0101 022

湯で火照った体に冷たい夜風が気持ち良い。

0101 023

そして風呂上りには1Fで夜鳴き蕎麦ならぬ夜鳴きラーメン。これは、宿泊者に対する無料サービス。タダだよ。

0101 018

ラーメンこんな感じ。昔風のあっさり支那蕎麦だね。夜に食っても良い感じ。スタッフが一杯ずつ丁寧に作ってくれます。冷凍麺。

0101 019

さて、少し休んでまたお風呂行くよ。目標三回。朝風呂も行かなくちゃね。

今日のお風呂 旭湯「中央区佃」

昨日に引き続き、お休みの日の銭湯。今日は佃の「旭湯」。数年前までは毎日のように通っていた銭湯だが、仕事の状況の変化で約二年ぶりの訪問になった。変わってないね。それが一番嬉しい。未だに番台方式のこの店。番台の上に上がっていたのは見知らぬ若い子だったけど、未だ時間が早い一番風呂だったからかもしれない。



下足場。昔から何も変わらない風景。ほっとするね。この先はさらにホッとする光景なんだけど、さすがに湯屋なので画像の公表は無理かもね。

IMG_0358.jpg

この旭湯は湯屋建築としては、大して見るものはない。天井は高いが、格天井を切っている訳でもなく、池を配した庭がある訳でもない。でも、自信を持って云えるのは、これほど丁寧に、清潔に維持されている銭湯は少ないということ。古い建物なのに寂れた風情はなし。とにかく気持ちいい風呂です。

今日の湯温は47℃。この辺の銭湯では普通か、ちょっと熱いかって感じかな?あたしは全然平気だけど、風呂から上がる人を見てると、首から下が真っ赤なのがおかしいね。あたしも同じなんだけど。慣れない一見のお客さんが来て、何も言わずに水でうめ始めたら、こう言おう。「何やってやがんだ。温くなっちまうじゃねーか!ここは熱いのが良くてみんな来てんだ。一昨日来やがれ!」ってね。実際、今まで見てきた中では、足の親指だけ湯につけて、悪態ついて帰って行ったお客さんは二人見た。「こんな熱い風呂には入れない!」ってね。あたしは、さっきの台詞。「一昨日きやがれ!」そしたら周りの常連はみんな何も言わずにっこり。そんないい感じの風呂です。でも、常連もやせ我慢してるんです。ほんとは。

そうそう!壁のペンキ絵が今年の7月でリニューアルして瀬戸内の風景に変わってた。新品ピカピカ。前は早川画伯だったと思うんだけど、新しいのは誰なのかな?ちょっと見では判断できず。

今日のお風呂 月島温泉「中央区月島」

あたしは銭湯が大好き。営業職という立場を利用して、都内近郊の銭湯に入りまくってた。過去形で云うのは、最近仕事が忙しくて、なかなかさぼって銭湯にも入れなくなってきちゃったんだよね。とにかく、あちらこちらの銭湯で楽しんできたんだ。



こんなのも持ってるよ。銭湯検定試験合格証。四級だけどね。銭湯の歴史から文化までまじめに勉強?しちゃった証だね。まぁ、何の役にも立たないんだけどね。

1010bnsk08.jpg

さて、今日の月島温泉。自宅から最も近い銭湯。ビルの2階にあるビル銭。名前は温泉だけど、本物の温泉じゃない。イオン交換式の軟水風呂が売り物の銭湯。この近辺では珍しく湯温が低い。40℃~42℃くらい。長湯が好きな人には良いかもしれない。

サウナ併設(別料金)スチーム併用式なので、室温は90℃くらいなんだけど、結構汗が出る。この辺のサウナとしては結構良いよ。下町なので、サウナから上がって水風呂に入る時に汗を流さないような奴がいたら、「汗ぐらい流してお入んな!」と注意してやりましょう。最近、お休みの日にはランナーが多く目につくようになったんだけど、ランナーはマナーが悪いね。椅子や桶を使っても、元の場所に戻さないんだよ。常連のあたしたちがこまめに片付けてるんだけど、それを見てても何も反応はないね。自分の健康にしか興味のない奴は、公共浴場でほかのみんなが気分よく使える事には興味がないんだね。なんだか嫌な世の中になっちゃったね。

でもまぁ、居心地の良い銭湯です。近くに寄ったら使ってやって下さい。あと、珍しく午前11時からやってます。

プロフィール

bob289s

Author:bob289s
立ち食い蕎麦を中心に、毎日食べたもの、作ったものなどをアップしてます。酒飲みです。毎晩晩酌は欠かしません。

更新履歴
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

昼蕎麦の履歴
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
日本ブログ村
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
コツまみ
新着情報他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。